妊活中の冷え対策!子宮や卵巣も温めて妊娠力を高める5つの対策

【執筆者】Amita

気づいたら手足が冷たい‥なんてことありませんか?

女性は特に、冷えを感じやすいですよね^^;

 

じつはこの冷え…、

「子宮」や「卵巣」も冷えてしまってるんです!

 

子宮や卵巣がうまく温められないと、妊娠しにくくなっちゃいます( ; ; )

だけど逆を言うと、子宮や卵巣を温めてあげれば、妊娠しやすい身体になれる\(^^)/

少しでも妊娠の可能性を上げるためにも、冷え対策をすることがすごく有効なんです!

 

そこで今回は、妊娠力がアップする冷え対策を5つご紹介したいと思います(^ ^)

身体が冷えていると妊娠しにくい!?冷えと妊活の関係性って?

どうして身体が冷えていると、妊娠しにくくなってしまうのか‥

その理由は2つあります!

 

1.まず一つは、血の巡りが悪くなること!

臓器は、血の巡りが悪くなると、活動がうまくできなくなります。

  • 「卵巣」→卵子を作る働きが弱まる
  • 「子宮」→子宮内膜が作られにくくなる(薄くなる)

特に子宮内膜は、別名「血のベッド」と呼ばれるように、血液でできています。

十分な血液が行き届かないと、フッカフカのベッドを作ることができなくなるんですね。

 

2.もう一つの理由は、子宮や卵巣は、冷えの影響を受けやすいということ!

人間は身体が冷えた時、心臓など生命維持に欠かせない臓器を優先的に温めます。

子宮や卵巣って、無くてもいいことはないけれど、生命維持には必要ない臓器ですよね。

なので、身体の冷えの影響を直に受けてしまう(°_°)

だから、子宮や卵巣を冷やさないためには、身体を芯から温めることが大切になってくるんです!

 

冷え性じゃなくても要注意!子宮が冷えている3つサイン

健康な体

身体の冷えている人と言うと、手足が冷たかったり、靴下ナシじゃ眠れなかったりする、冷え性の人をイメージしますよね。

だけど、「手足が冷たくないから大丈夫〜」なんて思ってたらダメ!

実は、冷え性じゃなくても、無自覚のうちに子宮や卵巣が冷えてしまっていることがあるんです!

怖いですよね〜^^;

子宮や卵巣が冷えているサインを説明しますので、まずはチェックしてみてくださいね。

 

脇の下よりお腹の方が冷たい

朝目覚めた時、そのまま起き上がらずにするチェック方法です。

  1. 脇の下に手を挟んで温度を確かめる
  2. その手をお腹の上に置いて温度を確かめる
  3. 脇の下とお腹の温度を比べる

健康な人は、脇の下とお腹の温度はほとんど変わりません。

もしも、脇の下よりお腹の方が冷たいと感じたら、それは「子宮や卵巣が冷えているサイン」です!

 

足がむくんでいる

女性は足がむくんじゃう人が多いですよね。

実はむくみって、身体が冷えてるサインなんです!

むくみの原因は、水が溜まること。

どうして水が溜まるのかというと、冷えによって血の巡りが悪くなるからなんです。

足がむくむということは、血の巡りが悪い状態だということ!

つまり、足がむくんでいるときは、子宮や卵巣も冷えてしまっているんです。

 

生理痛が重い

生理は、子宮内膜がはがれて流れ出ることによって起こります。

だけど子宮が冷えていると、子宮の動きが鈍くなってしまって、うまく子宮内膜を押し出すことができません。

なので、どうにかして押し出さなくちゃ!と子宮は強く収縮します。

これが、生理痛が重くなってしまう原因!

※特に、身体を温めると痛みがやわらぐと言う人は、要注意です。

 

温活で妊娠力アップ!絶対にするべき5つの冷え対策

妊娠したいなら、身体を温めることが大切!

赤ちゃんが欲しい人が絶対にするべき5つの冷え対策をご紹介しますので、ぜひ試してみてくださいね(^ ^)

 

身体を温める食べ物を積極的に食べる

食べ物には、身体を温める食べ物と、身体を冷やす食べ物があります。

身体を温める食べ物 ・土の下にできる野菜
・寒い土地でとれるもの
・暖色系、黒色の食べ物
身体を冷やす食べ物 ・土の上にできる野菜
・暖かい土地でとれるもの
・寒色系の食べ物

※全ての食べ物がコレに当てはまるわけではありません。

 

身体を温める食べ物と冷やす食べ物の特徴が真逆なのでわかりやすいですね( ^ω^ )

 

具体的な食べ物の一覧はこちら↓

身体を温める食べ物 身体を冷やす食べ物
穀類 麹、もち米 小麦粉、蕎麦
野菜 にんじん、ネギ、玉ねぎ、かぼちゃ、大根、生姜、梅干し ほうれん草、きゅうり、トマト、もやし、なす、レタス
果物 りんご、さくらんぼ、桃、ピーナッツ メロン、梨、スイカ、バナナ、パイナップル
魚・肉・卵類 あじ、えび、うなぎ、鶏肉、牛肉、チーズ かに、たこ、あさり、しじみ、牛乳、バター
調味料 カレー粉、黒砂糖、酒、味噌、ごま油 なし
その他 コーヒー、ココア アイスクリーム、ケーキ、ビール、サイダー

身体を冷やす食べ物を食べちゃいけないわけじゃない!
身体を冷やす食べ物も、暖かいスープにするなど、食べ方を工夫すれば大丈夫ですよ(^ ^)

関連記事
妊活中にオススメな食べ物ってなに?妊娠力がアップする食べ物まとめ

少しでも妊娠の確立を上げるために、今の食生活を見直したい‥。 こんなふうに思っていませんか? 赤ちゃんを授かるために、で ...

続きを見る

 

3つの首を温める

「オシャレのためには寒さを我慢!」とも言いますが、薄着や露出は身体を冷やしてしまいます。

身体を冷やさないためには、首・手首・足首を隠す!

この3つの首は、皮膚が薄いだけじゃなく、太い血管が通っています。

なので、ここが冷えると全身の冷えを招くことに!

厚手の靴下を履いたり、マフラーを巻いたりして、3つの首を温めてくださいね。

 

筋肉量を増やして血の巡りや代謝を上げる

女性が冷えを感じやすい大きな原因は、筋肉量が少ないこと!

筋肉量が少ない人は代謝がよくないので、血の巡りが悪くなってしまいます。

バリバリ運動する必要はないけど、適度に身体を温めるくらいの運動を、毎日続けるといいですよ(^ ^)

オススメは「ヨガ」!血の巡りや代謝を良くしてくれる効果があります♪

オススメ
妊活ヨガの効果がすごい!妊娠しやすい体をつくるポーズ5選

私は妊活中にヨガをしていましたが、たった15~30分やるだけで、体がポカポカになって汗をかいていました。 さらに、体質を ...

続きを見る

参考
妊活中にお家で簡単にできるオススメの有酸素運動3選

妊活には適度な運動が必要って聞きますよね。 だけど、今から運動を始めるのって、ちょっとハードル高く感じちゃいませんか? ...

続きを見る

 

お風呂に入ってリラックスする

シャワーだけで済ましてしまうこともありますよね。

だけど、身体を芯から温めるためには、ゆっくりとお風呂に入ってリラックスすることが大切です。

20分半身浴をすれば、身体がポカポカになりますよ♪

ココがポイント

湯の温度は38〜40度!
この温度が一番リラックスでき、効率よく血流を改善してくれます。

 

決まった時間に寝て自律神経を整える

睡眠には、自律神経を整えてくれる効果があります。

自律神経には体温を調整する機能があるので、これが乱れてしまうと身体の冷えを招く!

できるだけ毎日、決まった時間に寝て、決まった時間に起きるようにすると、自律神経が整いやすいですよ。

睡眠はホルモンバランスも整えてくれる! 冷え予防だけじゃなく、卵子の質の向上にもつながりますよ。

【関連記事】:妊活中に睡眠が大切な理由

 

まとめ

妊活は、身体を温めることが重要!

  1. 食べ物
  2. 服装
  3. 運動
  4. 入浴
  5. 睡眠

この5つのポイントを、しっかり押さえてくださいね♪

だけど、全部カンペキにこなそうとしなくてもいいんですよ。

たまにはケーキを食べてもいいし、夫婦でまだ話してたいなって時は、夜更かしするのもアリ。

ストレスを溜めないように、たまに息抜きしながら、赤ちゃんを授かるために頑張ってみてくださいね(^ ^)

 

注目記事!

妊娠前に葉酸をとらなかったから?私の赤ちゃんは先天性異常に...

『葉酸を摂ると妊娠できる!』 そう聞いて頑張って葉酸を摂取している人も多いですよね。 私もその1人でした。   ...

続きを見る

 

あなたは、「妊娠するため」に飲んだほうがいいサプリと、「妊娠してから」飲むサプリは「成分が違う」って知ってますか?

妊娠を望むならこのサプリ一択!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【VEGEMAMA-ベジママ】

-妊娠しやすい体づくり
-

Copyright© 妊活に必要なこと , 2019 All Rights Reserved.