妊活中にオススメな食べ物ってなに?妊娠力がアップする食べ物まとめ

【執筆者】Amita

少しでも妊娠の確立を上げるために、今の食生活を見直したい‥。

こんなふうに思っていませんか?

赤ちゃんを授かるために、できるだけのことはしておきたいですよね。

 

食べた物は、身体をつくる源になります。

つまり、卵巣や子宮の栄養源になるということ!

妊活に効果のある食べ物を積極的に摂れば、妊娠しやすい身体をつくることができるんです♪

でも、なにを食べたらいいのかわからない‥。

 

そこで今回は、妊娠力がアップするおすすめの食べ物と、妊活に悪影響を与えてしまう食べ物について、わかりやすくお話ししていきたいと思います。

妊娠しやすい身体を作りたい方は、必見です\(^^)/

食べ物で妊娠率が上がるってホント?食事と妊活の関係性

どうして食べ物が妊活に影響を与えるの?って、理由がよくわからないかもしれませんね。

妊娠しやすい身体というのは、健康な身体のこと。

健康な身体は、栄養バランスのとれた食事から作られます。

なぜなら、食べ物は身体を作る源だから!

あなたの身体は全て、あなたが食べたものから作られています

だから、食べる物に気を使えば、「健康な身体=妊娠しやすい身体」を作ることができる\(^^)/

栄養バランスの悪い食事で作られた子宮と、栄養バランスの良い食事で作られた子宮だと、当然、後者の方が妊娠しやすいに決まってますよね。

また、健康な身体だと、生理不順やホルモンバランスの崩れなど、不妊の原因となるトラブルも防ぐことができます!

妊活を始めるなら、まずは自分の食生活について、チェックしてみてくださいね。

妊活中は、健康のために必要なバランスのとれた食事に加えて、妊活に必要な栄養もしっかり摂ることが大切です。

 

妊娠しやすい身体を作ろう!妊活中にオススメの食べ物

栄養バランスの取れた野菜

妊活中は、子宮や卵巣の働きをよくする食べ物を摂ろう!

では、妊活中にオススメな食べ物についてご紹介していきますね(^^)v

 

身体を温める食べ物

妊活中は、身体を温めて、子宮や卵巣の血流を良くすることが重要!

特に子宮内膜は、血で作られていますからね(^ ^)

実は食べ物には、身体を温めてくれる効果のあるものがあるんです。

土の下にできる野菜 にんじん、ネギ、玉ねぎ、かぼちゃ、大根、生姜など
寒い土地でとれるもの りんご、さくらんぼなど
暖色系、黒色の食べ物 あじ、うなぎ、黒砂糖など

※全ての食材が当てはまるわけではありません。

【関連記事】:身体を冷やさないためにできること

身体を温めたいなら「ルイボスティー」がオススメ♪
身体の内側からポカポカになりますよ。

参考

ルイボスティー
ルイボスティーの効果にビックリ!飲み続けたら子宮内膜が厚くなった

妊活中って、ストレスで体調不良になりがちですよね。 頑張っても頑張っても結果が出なかったり、周りからの「子供まだ?」って ...

続きを見る

 

卵子の老化を防ぐ食べ物

卵子は年齢と共に、毎日老化しています。

卵子の老化が進むと、妊娠率が下がるだけじゃなく、流産率も上がってしまいます( ; ; )

卵子の老化を遅らせるためには、抗酸化作用のある食べ物がオススメ!

果物 バナナ、ブルーベリー、いちご
野菜 キャベツ、トマト、ナス、ほうれん草、ブロッコリー、にんにく、生姜、ネギ
飲み物 緑茶、紅茶、ココア、コーヒー

※太字のものはこの中でも抗酸化作用が高い

 

ホルモンバランスを整える食べ物

卵子を育てたり、排卵したり、子宮内膜を厚くしたりするためには、ホルモンバランスを整えることが欠かせません。

ホルモンバランスを整えるのにオススメの栄養が、大豆イソフラボン!

大豆イソフラボンは、体内で女性ホルモンと似た働きをしてくれるんです(^ ^)

大豆・大豆製品・味噌・豆腐などを意識して食べるようにするといいですね。

 

また、葉酸には女性ホルモンを上昇させる効果があります。

葉酸は食事ではなかなか取りにくいので、サプリを利用するといいですよ( ^ω^ )

参考

【葉酸サプリの選び方】妊活中は特化サプリを選ぶべき!

葉酸サプリってめちゃくちゃ種類があるので、妊娠をしたい場合はどれを選んだらいいのか悩んじゃうと思います。 もちろん安全で ...

続きを見る

 

血や体をつくる食べ物

体や血など、人間の身体の基礎を作るのに必要なのが、タンパク質!

タンパク質がとれる食べ物はこちら↓

赤身の牛、豚肉、ささみ
かつお、まぐろ、さば、いわし
その他 卵、乳製品、大豆製品

成人女性の一日の推奨摂取量は、50gです。

肉や魚で主菜を作ってしまえば、簡単に栄養がとれますよ(^ ^)

どの食材も、摂りすぎはダメ!
いろんな食材をバランスよく食べることがポイントです。

関連記事

妊活中は簡単レシピで手軽に栄養補給!アレンジ自由な料理をご紹介!

妊活には食事が大切だけど、料理をするのって大変ですよね。 なんといっても時間がかかるし、栄養を考えてつくるとなると、食材 ...

続きを見る

【関連記事】:妊活にオススメの食べ物 男性編

 

できるだけ控えたい!妊活に悪影響な食べ物とは

食べ物の中には、妊活に悪影響を与えてしまうものもあります( ; ; )

絶対に食べるな!っていうわけじゃありませんが、できるだけ控えるように気をつけてくださいね。

 

身体を冷やす食べ物

身体を温める食べ物とは逆に、身体を冷やしてしまう食べ物もあります。

土の上にできる野菜 ほうれん草、きゅうり、トマト、もやし、なす、レタスなど
暖かい土地でとれるもの メロン、梨、スイカ、バナナ、パイナップルなど
寒色系の食べ物 小麦粉、牛乳、バターなど

※全ての食材が当てはまるわけではありません。

身体を冷やす食べ物の中にも、栄養たっぷりなものは多い!
スープにしたり、暖かい食べ物と一緒に食べるなど、食べ方を工夫すれば大丈夫ですので、試してみてくださいね。

 

糖分

甘いものを食べすぎて、ニキビができたことってありませんか?

糖分の摂りすぎは、ホルモンバランスを崩す原因になります。

お菓子やケーキ類は、ほどほどにするようにしてくださいね。

 

アルコール

アルコールを飲むと、「身体が温まるからいいんじゃない?」って思っちゃいますよね。

だけどアルコールは、身体を温めたあと、すぐにグンと冷やしてしまうんです(°_°)

息抜きの一つとして少し飲むくらいは大丈夫ですが、飲みすぎないように気をつけてくださいね。

 

トランス脂肪酸

トランス脂肪酸とは、不飽和脂肪酸の一種。

実はこのトランス脂肪酸、食事から摂る必要がないエネルギーなんです。

それどころか、摂りすぎると健康に悪影響を与えると言われています。

アメリカでは、女性の排卵機能に関係するという研究結果も(°_°)

ジャンクフードやスナック菓子、マーガリンなどに多く含まれているので、気をつけてくださいね。

 

カフェイン

カフェインには覚醒作用があるので、睡眠時間が減ったり眠りの質が悪くなってしまうことがあります。

睡眠がうまく取れないと、ホルモンバランスが崩れてしまうので要注意!

またカフェインには、身体を冷やす作用もあります。

寝る前の摂取と摂りすぎに気をつけてくださいね。

カフェインが多く含まれているもの↓

食べ物 チョコレートやコーヒーが使われた食べ物
飲み物 コーヒー、ココア、紅茶、緑茶、ウーロン茶、コーラ

 

妊娠力がアップする食べ物~まとめ

妊活中は、食べ物に気をつけて!

  1. 身体を温める食べ物
  2. 卵子の老化を防ぐ食べ物
  3. ホルモンバランスを整える食べ物
  4. 血や体をつくる食べ物

この4つを積極的に摂るようにするといいですよ(^ ^)

また、妊活に悪影響な食べ物も頭に入れておいて!

  1. 体を冷やす食べ物
  2. 糖分
  3. アルコール
  4. トランス脂肪酸
  5. カフェイン

この5つは、ムリしない範囲で控えることがオススメです。

毎日少しずつ工夫しながら、妊活中の食事を楽しんでくださいね\(^^)/

 

注目記事!

妊娠前に葉酸をとらなかったから?私の赤ちゃんは先天性異常に...

『葉酸を摂ると妊娠できる!』 そう聞いて頑張って葉酸を摂取している人も多いですよね。 私もその1人でした。   ...

続きを見る

 

あなたは、「妊娠するため」に飲んだほうがいいサプリと、「妊娠してから」飲むサプリは「成分が違う」って知ってますか?

妊娠を望むならこのサプリ一択!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【VEGEMAMA-ベジママ】

-食事
-

Copyright© 妊活に必要なこと , 2019 All Rights Reserved.