妊活中の仕事ストレスは特に危険!体と精神に及ぼす影響とその理由

【執筆者】相馬かえで

いくら大好きな仕事でも、上司や仲間との人間関係、うまく仕事が進まない…、仕事量が多い…など、仕事をする上でストレスになってしまうことってありますよね?

その゛仕事のストレス゛は日常感じるストレスより身体面や精神面に悪い影響を与えるんです!!

「ストレスはストレスなんだから、何からうけても一緒でしょ?」

はい!結果的にストレスは妊活に悪影響だということは変わりません。

でも、特に仕事のストレスは要注意なんです!

それでは、日常のストレスよりも゛仕事のストレス゛のほうが妊活に悪い影響を与えてしまう理由について詳しく説明していきたいと思います!

妊活中の仕事ストレスが身体面に及ぼす影響と理由

ストレスは、妊活している女性にとって最大の敵です。

特に仕事のストレスは「生理不順」や「PMS(月経前症候群)」など、体に負担となる症状を引き起こすことが多いんです。

「仕事が忙しくて生理が遅れた」

「職場環境がかわったら生理痛がひどくなった」

なんて声を聞いたことがありませんか?もしかして、経験していませんか?

どうして日常生活のストレスよりも仕事のストレスのほうが体に負担がかかるのか?

その理由は...

仕事のストレスは継続的に受けるからです!

 

女性ホルモンの分泌や生理をコントロールしているのは、脳の視床下部と下垂体というところです。この部分は、ストレスの影響を強く受けてしまう場所で、体が大きなショックや激しいストレスを受け続けると、危機を感じて月経周期が乱れたり止まったりしてしまうんです。

この゛激しいストレスを受け続ける゛というのがポイントです!

日常生活のストレスは一度で終わることが多いですよね?

例えば旦那さんとのケンカ。

毎日ケンカしませんよね?

その日はイラッとしてストレスをうけたとしても、長くても数日でおさまるんじゃないでしょうか。

でも、仕事は毎日一定時間同じストレスがかかります。そして、それは辞めるまでずっと…です。

 

「この上司苦手だな」と思っても、毎日一定時間ずっと一緒に働かなくてはいけません。負のストレスがかかり続けるんです。

毎日同じストレスがあるんですから、発散させてもすぐにたまってしまいますよね…。だから、仕事のストレスは日常のストレスよりも妊活に悪影響を及ぼす可能性が高いんです(;_;)

 

ストレスとは

外的刺激によって心身に負担がかかっている状態のこと。受ける刺激は、天気や環境、人間関係なさまざまです。

 

仕事のストレスが精神面で妊活に与える影響とは?

仕事のストレスは、身体面だけではなく精神面にも悪影響を及ぼします。どんな悪影響があるのか?それは気力を奪われることです。

これも身体面での影響と同じように、長期間ストレスを受けることにより起こります。

1日、2日の疲労では気力がなくなったりはしません。その日は疲れてしまっても、休めばまた元気になりますよね。でも、仕事のストレスを長期的にうけているとだんだんと回復できなくなってしまうんです。

「毎日疲れて帰ってきて家事をして...。タイミングとるより早く寝たい...。」

「仕事のストレスでイライラして、排卵日が近いのに旦那とそんな気分になれない!」

こんな風に、仕事のストレスで妊活への気力がそがれてしまうんです(;_;)

妊活を続けていくには活力はとても大切!それが、ストレスによって奪われてしまったら妊活の危機ですよね(*_*)

 

注意!あなたのストレスサインを見逃さないで!

ストレスを受け続けると体や心が疲労していきます。

でも、突然ドカン!と悲鳴をあげるわけではありません。

 

ストレスの段階的な進行と症状!!

警戒反応期(危険信号!自覚しにくい)

ストレスに対する初期反応期です。

ショック相と反ショック相にわかれます。

 

ショック相

  • 血圧、体温、血糖値などが低下する
  • 神経系の活動が低下する

反ショック相

  • 血圧、体温、血糖値などが回復
  • 神経系の活動が高まる

主な症状:肩こり、頭痛、胃もたれ、お腹の不調など

※数分~1日のストレスでこれらの状態になります。

さらにストレス状態が続くと

抵抗期(ていこうき)

ストレスに耐えながら戦闘態勢に入り、抵抗している状態です。

直接原因となるストレスに対する抵抗性はありますが、新たなストレスに対しての抵抗性は低下しています。

全身の機能が最も活動する時期です。そのため休息とのバランスが崩れやすくなる。疲れが溜まった感じが強く、脱力感を感じることもあります。

※人によりますが、1週間~10日間ストレスが与えられると、このような状態となります。

継続的なストレスを受ける

疲はい期(ひはいき)

ストレスが強すぎたり、長期的で耐えきれなくなる。抵抗力が弱まり、生体機能が衰え様々な不調が現れ始める時期。

疲れきって病気になることも。

踏ん張りがきかず、自分ではどうにもできなくなります。

参考文部科学省|第2章 心のケア 各論

この「疲はい期」になる前にストレスをケアしてください!

 

あなたのストレスサインはなんでしょう?

疲れたとき、肩が凝りますか?頭が痛くなりますか? 一時的な不調だと、ストレスが原因だとは思わないかもしれませんよね(^^;

一番おかしい?と気づきやすいのは、「疲れがとれない」ことではないでしょうか?

  • 朝起きても疲れている
  • 目覚めが悪い

こんな時は要注意です。継続的なストレスに注意してください!

ストレスであなたの体が不調になる前に、妊活に悪い影響を与える前に不調のサインを見逃さないでくださいね。

 

まとめ

妊活中の仕事との関わりってとっても難しいと思います。

ストレスを感じていると分かっていても、簡単に辞めたり休んだりできないのが仕事ですよね?

妊活をするにも生活をするにもお金もかかります。

経済面から仕事を頑張らないといけないこともあるかもしれません。

でも、よく考えてください。

日常のストレスと違って、仕事のストレスはその場限りではありません。

ストレスの比重が大きいぶん、妊活中の女性の体や心に与える影響も大きいんです!

もしも思い当たることがあったら、仕事と妊活の両立についてよく考えてみてくださいね!

注目記事!

妊娠前に葉酸をとらなかったから?私の赤ちゃんは先天性異常に...

『葉酸を摂ると妊娠できる!』 そう聞いて頑張って葉酸を摂取している人も多いですよね。 私もその1人でした。   ...

続きを見る

 

あなたは、「妊娠するため」に飲んだほうがいいサプリと、「妊娠してから」飲むサプリは「成分が違う」って知ってますか?

妊娠を望むならこのサプリ一択!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【VEGEMAMA-ベジママ】

-ストレス対策
-

Copyright© 妊活に必要なこと , 2019 All Rights Reserved.