妊娠前に葉酸をとらなかったから?私の赤ちゃんは先天性異常に...

『葉酸を摂ると妊娠できる!』

そう聞いて頑張って葉酸を摂取している人も多いですよね。

私もその1人でした。

 

妊活中は積極的に食べ物やサプリで葉酸を摂取していたんですが、途中、私自身に病気が発覚したり、なかなか妊娠しないこともあって、不妊治療をすべて諦めたと同時に、葉酸を摂ることも止めてしまったんです(TT)

その後、奇跡的に赤ちゃんを授かるんですが、産まれてきた我が子は『先天性異常』をもっていました…。

 

葉酸をとることをやめてしまったから…?

 

・・・いまだに後悔してます。

今この記事を読んでいるあなたには、私のような後悔をしてほしくないので、妊娠前からの葉酸摂取がいかに重要かを知ってもらいたい!

そこで今回は、葉酸を摂るのをやめた私に何が起こったのか、葉酸の重要性や葉酸の正しい摂取量など、葉酸の大切さについて書いていきますね!

妊娠前に葉酸をとらなかったから?私の赤ちゃんは先天性異常に..

冒頭にも書きましたが、妊活中は頑張って、積極的に葉酸を摂取していていました。

途中、病気が発覚したり、中々妊娠しないこともあり、不妊治療を全て諦めた時に葉酸を摂ることも辞めてしまったのです。

 

その後、私は奇跡的に妊娠!そして、予定日より3週間早く出産。

しかし、出産した私の長女は、まさかの『先天性異常』をもって産まれてきました。

対面してすぐは『先天性異常』を私は受け入れること、理解することができなくて…、かなりショックが大きかったです…。

 

私の子は『口唇裂』という先天性異常をもってます。

↑うちの子の場合、片側の鼻の下に亀裂がありました。

500人に1人の割合で生まれる可能性がある、わりと確率が高い疾患です。

治る疾患ですが、手術が必要です。

 

口唇裂の原因としては、今のところ

  • 遺伝子
  • 妊娠中のたばこ
  • ストレス
  • 服用薬

と考えられていますが、何故なってしまうのか原因は特定できていません。

しかし、妊娠前から葉酸を摂取していると、【口唇裂】などの【先天性異常】を高い確率で防げることが海外の調査研究で明らかになっています!!

このことを私が知ったのは、長女を出産した後…。

出産してしまっていたら、もうどうすることもできませんよね(TT)

 

「妊活中は意識して飲んでいたのに…ずっと飲み続けていたら「口唇裂」になっていなかったかもしれない・・・」

 

私は後悔の毎日。周りの人に、

「赤ちゃん可哀想だね。(女の子なのに顔に傷があって)」

と言われる度に自分を責めました。

私は我が子だから可愛くて仕方ないのに、これからずっと長女は『傷が可哀想』って周りに思われて成長していくんだ。。

そう思うと胸が張り裂けそうに(T . T)

 

原因はわからないけど、防げたかもしれない疾患だったので、悔しくて…もうし訳なくて…。

私のように、妊娠前の葉酸不足が、赤ちゃんの将来を左右してしまうこともあるんです。

でも安心してください!

妊娠前の今から葉酸を摂取すれば、高い確率で先天性異常を防ぐことができますよ

 

妊娠前から葉酸を摂取することが重要!

赤ちゃんの「先天異常」の多くは、妊娠直後から10週までに起こります。

赤ちゃんの10週は、脳・心臓・肝臓・腎臓などの主な臓器の原型がほぼできあがる大事な時期。

そんな大切な時期に必要な栄養が足りなかったら、十分に成長できないですよね(>_<)

※特に葉酸は、細胞の生産や再生を助けてくれる役割を持っているので、妊娠してから葉酸を摂取するのではなく、妊娠前からの摂取が大切!

厚生労働省も、妊娠を計画している女性に対して、葉酸を摂取するよう通知しています。

理由は「神経管閉鎖障害(しんけいかんへいさしょうがい)」の予防の為。

詳しくは厚生労働省HPをご覧ください

 

「神経管閉鎖障害」は、お腹の中の赤ちゃんに起こる先天異常のひとつで、重い障害が残るケースや、死産につながるケースも。

他にも葉酸が不足することによって

  • 産まれてくる赤ちゃんの喘息やアトピーの原因
  • 不眠症、むくみ、吐き気、食欲不振の症状が出る
  • 卵胞を育て、女性ホルモン分泌を促す亜鉛の吸収を阻害

などが起こる可能性もあります。

 

葉酸って、妊活以外でも実は大切な栄養素なのでは?

「絶対摂取しましょう!」って言っても良いくらい重要じゃない!?

と私は思います。

 

最低一日にどれくらいの葉酸が必要?

妊娠を希望している人に必要な葉酸の摂取量は400㎍です!(1日納豆約7パック分)

かなり多いですよね。

 

食事で葉酸を摂るなら、

【納豆】
⇒納豆は1パックで約60μgの葉酸を摂取することができます。

【枝豆】
⇒枝豆は、茹でだ状態でも100g中に260μgの葉酸を含んでいます。冷凍のえだまめでもok。

【ブロッコリー】
⇒ブロッコリーは、茹でても100gあたり120μgの葉酸が含まれています。

【いちご】
⇒いちごは100g中に90μgの葉酸を含んでいます。

 

葉酸を含む食品はたくさんありますが、毎日400㎍も摂取するのはなかなか難しいですよね…。

そんな時はサプリを活用! それが一番楽だし安心です!

 

まとめ:葉酸は妊娠前から摂ったほうがいい!

妊活中に頑張って葉酸を摂取している人は沢山います!

ただ、「なんで葉酸が必要なのか」がはっきり分からず、「みんな葉酸を摂っているから私も摂ろうかな?」っていう人も多いと思います。

実際私がそうでした!

私の場合、妊娠する前に葉酸を摂るのをやめてしまったので、子供が先天性異常だった時は、もの凄く後悔しました。

 

ちゃんと葉酸を摂っておけば良かった…と。

 

葉酸を食事だけで1日400㎍(約、納豆7パック) 摂取するのは難しいですよね〜(゚o゚;;

なので、サプリも取り入れて葉酸を効率良く摂っていきましょう!

葉酸を必要量摂ることで、先天性異常などの疾患にかかるリスクを減らすことにつながります。

私みたいに、葉酸を摂らなかったことを悔やんでほしくないので、今妊活中のあなたは、絶対に葉酸を忘れないでくださいね〜☆

 

※この記事で「どの葉酸サプリを買えばいいのか」を書いていますので、失敗しないためにも必ずチェックしてくださいね(*^^*)

詳しく見る

【葉酸サプリの選び方】妊活中は特化サプリを選ぶべき!

葉酸サプリってめちゃくちゃ種類があるので、妊娠をしたい場合はどれを選んだらいいのか悩んじゃうと思います。 もちろん安全で ...

続きを見る

 

あなたは、「妊娠するため」に飲んだほうがいいサプリと、「妊娠してから」飲むサプリは「成分が違う」って知ってますか?

妊娠を望むならこのサプリ一択!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【VEGEMAMA-ベジママ】

-妊娠しやすい体づくり, 妊活体験談

Copyright© 妊活に必要なこと , 2019 All Rights Reserved.